弊社が配信している外食ニュース記事からピックアップした月ごとの話題を掲載しています。

 

コメダ珈琲が東証一部に上場

「コメダ珈琲店」を展開するコメダホールディングスが、東証一部に上場。初値は売出価格をやや下回ったが、初日の取引価格を基にした時価総額は820億円以上となり、外食業界の新規上場としては久しぶりの大型案件として注目が集まった。同社は1968年に名古屋市で創業。2008年に投資ファンドの傘下に入り多店舗化を加速し、現在は全国に700店舗弱を展開している。2020年度末までに1,000店舗の出店を目指す。

湘南海岸では今年もスポンサー付き海の家

今年もまた、神奈川県の湘南海岸を中心に、有名ブランドの海の家が続々とオープンしている。パソコンの「レノボ」やコスメの「SABON(サボン)」などは、昨年以前から引き続きの出店。ほかに、話題のパーソナルジム「ライザップ」の海の家や、リキュールの「マリブ」を冠したビーチバー、「パッソア」とタイアップした女性向けビーチハウス、アパレル「トゥモローランド」がプロデュースする葉山のビーチラウンジなどが新規参入。

「全裸で食事」の海外レストランが期間限定で日本上陸

英国ロンドンやオーストラリアで生まれた裸で食事をするレストラン「THE AMRITA(アムリタ)」が日本に上陸し、東京、名古屋、京都、大阪に期間限定でオープン。“アダムとイブの昔に戻る”という、自然回帰をコンセプトとした同店は、海外ではほぼ全裸で席に着くが、日本では店側が用意する紙製の下着やバスローブを着用する。各店ともに完全予約制で、年齢制限や体重制限があり、店舗の所在地なども予約後に通知される。

カフェカンパニーが人気のファッションブランドと新会社設立

カフェカンパニーが、「グローバルワーク」や「ニコアンド」など若者に人気のファッションブランドを多数展開するアダストリアと共同で、カフェ事業などを手がける新会社を設立。「ワイアードカフェ」などの事業を移管。

アスラポート社が英国でミチココシノ氏と寿司バー出店

アスラポート・ダイニングが英国の子会社を通じ、ロンドンを拠点とするファッションデザイナー、ミチココシノ氏とコラボした寿司バー「ミチコ スシノ」をオープン。同氏がオーナーとして、コンセプトやデザインを担当。

クールジャパンの出資でホットランドが中東進出

海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)が、アラブ首長国連邦の投資会社とともに、中東における日本の外食・小売企業の多店舗化を支援する出資を決定。その第一弾として、ホットランドが初めて中東に進出する。

阪急梅田駅構内にテイクアウト可能な寿司業態

阪急阪神グループのエキ・リテール・サービス阪急阪神は、阪急梅田駅のエキナカ改札内に、テイクアウトもできる寿司の新業態「高木鮮魚店」をオープン。

日光の天然氷でかき氷の専門店

日光で大正元年から続く老舗氷室「氷屋 徳次郎」の氷を使ったかき氷店、「氷菓処 にじいろ本店」が名古屋市にオープン。6月から9月の夏季限定店舗。

食材を買って調理してもらうバルがオープン

東京・新橋に店内で選んだ肉や魚、野菜などの食材を好みの調理法で提供するバル「デザインフードマーケット」がオープン。スタッフと相談し調理法を決める。

サイゼリヤがまた低価格パスタ店を出店

サイゼリヤの低価格パスタ新業態「スパゲッティ マリアーノ」が東京・日本橋茅場町にオープン。閉店した「マリアーノ スパゲッティ」に隣接した新店舗。

仙台初のスチームパンク抽出コーヒー店

仙台の老舗コーヒー店「ホシヤマ珈琲店」が、新業態「ザ モスト コーヒー」を商業施設に出店。仙台初のスチームパンクを導入し、クラフトビールなども提供。

京都に本格的なパエリア専門店がオープン

京都でスペイン料理店を経営するバハルボールグループは、パエリア専門店「バラッカ」を出店。14種類以上のパエリアと30種類以上のタパスを提供する。

 

商用利用可能なオリジナルの食関連ニュース記事を御社媒体向けに配信いたします。
印刷・Web媒体などに「食のコンテンツ」を掲載したい企業様は、お問い合せページからどうぞ。

LINEで送る