フード&テーブルコーディネーター岩下亜希さんの「簡単!! 家庭料理」シリーズ。
食品スーパーの定番食材でつくる、簡単おもてなしメニューのアイデアをご紹介します。
第六回は、苺の春巻きミルフィーユです。

「苺の春巻きミルフィーユ」

~5分で完成!サクサク春のティータイム~

苺のデザートとしてすっかりおなじみのミルフィーユ。
ミルフィーユは千枚の葉という意味で、本来は何層にも重なったサクサクのパイ生地で作ります。
今回は、簡単で少量でも作れる春巻きの皮を使ってみました。

作り方は

春巻きの皮を食べやすい大きさに切り分けて、グラニュー糖を薄く振りかけたらオーブントースターでこんがり色がつくまで焼きます。
生クリームとスライスしたいちごを挟んで3層ほど重ね、苺をトッピングしたら出来上がり。粉砂糖を振りかけると見た目も本格的な仕上がりに。
サクサクの春巻きにふんわり優しい生クリーム、甘酸っぱいフレッシュな苺は春の訪れを感じさせます。
夏にはバナナやマンゴーを使ってトロピカルなミルフィーユに。
カスタードクリーム、ヨーグルトクリーム、バレンタインにはチョコレートクリームなどお好みのクリームを合わせて気軽に季節のミルフィーユが楽しめます。
冷蔵庫の片隅に、使いきれずに乾いてしまった春巻きの皮を見つけたら、ぜひお試しください。

※作り方は簡略化した表現になっています。オリジナルレシピをご希望の方はこちらから。
主な食材

・春巻きの皮
・苺
・生クリーム
・グラニュー糖
・粉砂糖

※分量などは省略しています。オリジナルレシピをご希望の方はこちらから。

≪今回のワンポイント≫
グラニュー糖を薄く満遍なく振りかけるのがコツ。表面がキャラメリゼされてパリッとコーティングされます。
早く作れる代わりに作り置きが効かないので、出来上がったらサクサクの食感があるうちにお召し上がりください。

(写真と文)
フード&テーブルコーディネーター
岩下 亜希
aki_iwashita○いわした・あき
京都のホテル勤務を経てフランスに留学。リヨン郊外のリゾート開発会社に勤務、約2年滞在。
帰国後、フードビジネス、フラワーアレンジメント、テーブルコーディネート、撮影スタイリング等を学び、自宅キッチンスタジオにて、企業のメニュー 開発、飲食店や雑誌・広告の料理撮影、レシピ考案、フードスタイリング、テーブルコーディネート等を手掛ける。ホームページ
「おいしい週末」bonbonTable http://www.bora-bora.jp/

※このコラムの写真と詳しい料理のレシピはレンタル可能です。詳しくはこちらよりお問い合わせください。
レンタル画像ファイル情報 ( 1624×2448pixel / 1.03MB / 24bit / 350×350dpi )

※料理研究家、フードエキスパートの業務コーディネートをご希望の場合は、お問い合せページから。

LINEで送る