~タイをこよなく愛するタイ料理研究家、両角舞さんの連載フードコラムです~

 

Hat_Yai_staff1

私はタイで2軒のレストランの立ち上げに関わらせていただいたことがあるのですが、もちろん現場のスタッフはタイ人ばかりでした。比較的若い子たちと働くことが多かったので仲良くなるのも早く、一緒に出掛けたりお菓子を分けたりして遊んだりしていました。

しかし一応日本から来た現場監督的な立場なので怒るときは怒らなくてはなりません。というか毎日怒りっぱなしでした…。仕事中スマホを見る、寝る、座る、遅刻する、明らかなずる休みをする、お客様用のジュースをこっそり飲む、お客さんをナンパする、などなど。日本の飲食店ではありえないことをやってくれるのでいちいち叱るのですがキリがなく、私が神経質すぎるのか…?と悩むこともありました。ある日私が休憩から戻ると店に誰も見当たらなくて、驚いて探したら裏で全員寝ていた時は、怒るを通り越して絶句しましたが…。

 

Hat_Yai_staff2

でも真面目なところは真面目で、覚えなければならないことはきっちり覚えて仲間にも共有するし、調理中の手袋やマスクの着用、ストローを素手で触らないなど衛生面も徹底しているし、毎日の掃除も手を抜かずすごい速さでピカピカにしてくれました。下水が詰まったら服が濡れるのも厭わずに床に寝そべって排水溝に手を突っ込んで直してくれたり、業者がで品切れになっている材料があると朝早くに市場に行って買ってきてくれたり、お店のために尽くしてくれているのが伝わってきて感動させられることも多々ありました。

何よりみんな優しくて私の体を心配してくれたり、おいしいもの、面白いこと、私が喜びそうなことを一生懸命教えてくれるし、目が合うとニコッと笑ってくれるし。

タイの子たちは根が素直で明るいので憎めなくて、なんだかんだ許してしまうのです。(そこまで計算されていて、私が手のひらで転がされていたのかもしれませんが)

元気でいるといいな、私がみんなから教わったタイ語を覚えているように、みんなも「ありがとう」や「おいしい」をを覚えていてくれているといいなと心に浮かべる、懐かしく愛しい子達です。

 

(写真と文)
タイ料理研究家・フードコーディネーター
両角 舞
mai_morozumi☆もろずみ・まい

料理人として10年間修業を積んだ後、フードコーディ―ターに転身。某専門学校で調理講師、2009年より5年間CX系「めざましテレビ」のフードコーディネーターを務めた他、銀座で料理教室を主宰。
2012年「ELLE a table」フードバトルグランドチャンピオン。著書に『塩ヨーグルト完全使いこなしレシピ80』(世界文化社)がある。
タイのハジャイ、バンコクでのレストラン立ち上げに関わり、メニュー考案、調理に携わる。現地での生活の経験を活かし、現在はタイ料理研究家として活動中。

ホームページ
Mai Morozumi 両角 舞 http://morozumimai.com/

※料理研究家、フードエキスパートの業務コーディネートをご希望の場合は、お問い合せページから。