米国在住の謎の美女、Tamakiさんが実践する手づくり日本食ライフのフードコラム。
第六回は、キムチの素づくりです。


 
これまで日本らしい食の手作りをお伝えしてきましたが、
今日はちょっと番外編的なキムチの素。

           *   *   * 

南国生まれの夫は、生の唐辛子をかじりながら食事をするくらい、
辛いものが生活の一部で育ったせいかキムチも大好き。

私はと言えばキムチも好きだけど、それ以上に明太子が大好き。
でも、残念ながら最近はどちらも添加物や着色料が入っていたりするんですよね。

そうなると、いつも通り「食べたければ作る!」ということで、
試行錯誤してキムチによし!明太子によし!キムチ鍋によし!なキムチの素を完成。
 

 

ざっくりとしたキムチの素の作り方は以下の通りです。

1:煮干し出汁をとります。
2:出汁に水溶き糯粉(もちこ)を入れ、とろりとするまで弱火にかけます。
3:とろみのついた出汁に黒砂糖を溶かし混ぜ、冷まします。
4:冷ましている間に、次の材料をブレンダーで液状になるまで混ぜておきます。

 【アミの塩辛、水で戻した貝柱、干しエビ、梨またはリンゴ、大根、
  玉ねぎ、ニンニク、生姜、魚粉、いしり、醤油、ハチミツ、唐辛子】

5:3に4を加えて、ニラとゴマを混ぜたら出来上がり。

お好みで白髪ネギや千切りにしたリンゴ、松の実などを加えても美味しいですよ!

乳酸菌の働きで冷凍してもカチンコチンには凍らないので、
私は1度に大量に作って小分けパックにして冷凍保存しちゃいます。

キムチも明太子も今ではすっかり日本の食卓のレギュラー・メンバー。
是非みなさんも試されてみて下さい♪

(写真と文)
料理研究家
Tamaki

Tamaki
21歳で胆嚢ガンとわかり胆嚢摘出手術を受けてから医食同源について考えるようになり、少しずつ食を見直し始め◆今から10年ほど前に事業が不調で家にいる時間が増えた時に、子供の頃に好きだったパンを自分で作ってみようと自宅でのパン作りを始め◆東北地震の際に暮らしていた東京でも、いろいろな商品がスーパーやコンビニから消えたことをキッカケに様々なものを手作りし始め(例えば、納豆が売ってないから作るなど)◆2012年にグアムへ移住してからは、納得できる日本の食材が手に入れられないことで更に自家製をするようになり◆次第に添加物のもつ不自然な味に違和感を覚えるようになったため、出来る限り食材を無駄にせずに、無理なく健康な食をまっとうするライフスタイルを新天地シカゴで実践中。

※料理研究家、フードエキスパートなどの業務コーディネートをご希望の場合は、お問い合せページから。

LINEで送る